ウェディング

ブライダルシェービングをして美しさアップ|最高の花嫁になる!

お祝い事を盛り上げよう

パーティー会場

二次会の幹事の役割とは、二次会の準備を行い、それを盛り上げることです。 結婚式でそれが行われる場合、新郎新婦がそれをやることもありますが、彼らは本来祝われる側なので、仕切り役を別に設けておいた方が好ましいと言えます。 では、実際に幹事に任命された場合、何をすればよいのでしょうか。主に会場を探して予約式の進行や演出を考える、予算編成をする、さらに招待客の人数を確認するなどがあります。他にも円滑に進めていくため、当日に必要とされるスタッフを揃えたり、挨拶や余興を行う人にそれを依頼したり、さらに小道具やギフトをオーダーしたりするなど、幹事は当日以外にも沢山やらなければいけないことがあります。二次会全体のプロデューサー役のような立場となります。

二次会の幹事は頼みやすく、また親しい間柄にある人に頼むのがベストです。出来るなら親友や勤め先の同僚などに頼むとよいでしょう。 しかし幹事の仕事は多岐にわたるため、事務仕事が苦手だという人には向きません。また、普段遠方にいる人に頼むと、事前の打ち合わせが難しくなるため、そちらも避けた方が無難です。 幹事はやらねばならないことが多いため、一人に任せるのではなく、複数人(3名から4名のグループ)にした方が賢明です。リーダーを任命し、その人に全体を取り仕切ってもらえば、各自の負担が減り、準備や式の進行そのものがスムーズに進むようになります。 なお、新郎新婦がそれぞれ幹事を選出すれば、招待客の顔ぶれの把握もやりやすくなり、トラブルも避けやすくなります。ですが、もし誰にも負担を掛けたくない、二次会を一緒に楽しんでほしいと考えるのであれば、専門の二次会の幹事サービスを活用しましょう。いまは結婚式や披露宴依頼の際、同時に頼むことが出来るようにもなっています。幹事がすべきことを全て依頼可能なので、とても便利です。